磯部町のいえ

夫婦二人でゆったりと暮らす
理想の「終の住処」

低い板塀越しに道ゆく人を楽しませる
板壁の家と雑木の庭

庭に向けて差し掛かる軒が
家と庭との親和性を高めています

一つの敷地に築80年、築30年の二つの家と物置と、3棟あったところを順々に建て替え、母屋とガレージをつくりました。ご夫婦二人が「終の住処」としてイメージされた理想を実現できたと思います。
二人暮らしながら、吹き抜けを中心とした広いリビング、続き間の和室など、親戚や友だちが集まってのびのびと過ごせる空間となっています。奥様が好きな庭師さんに依頼して造った雑木の庭には、塀や柵などの囲いを設けておらず、四季折々に地域の景観として楽しまれています。

Pocket
LINEで送る

一覧

  • 大黒田町のいえ

    2014

    絵巻物のように四季が移ろう
    庭師さんの家

  • 鳥羽のいえ

    2013

    台風の多い三重の気候風土に合った
    下見板張りの板倉構法の住宅

  • 池田ファミリークリニック

    2009

    つらい時に行くところだからこそ
    心和む木の空間を

  • 村松のいえ

    2016

    リタイア後の棲み家だからこそ
    人が集いやすく

  • 船越のいえ

    2018

    古民家の風情をそのまま残しながら
    耐震性と暮らしやすさをアップ

  • 磯部町のいえ

    2017

    夫婦二人でゆったりと暮らす
    理想の「終の住処」

  • 藤里のいえ

    2014

    この家なら何でもできる!
    DIY好きな家族の秘密基地

  • 王中島のいえ

    2009

    当社のつくる家の魅力を
    体感しに来てください

  • しゅろやさんしょやてしごとや

    2018

    珍しい、手作りのしゅろの箒、束子と山椒のお店
    伊勢の内宮と外宮をつなぐ御木本道路沿にあり
     ガレージを三重のスギで改装

  • 浜島のいえ

    2015

    庭の前の堤防の向こうは、すぐ海
    だから玄関脇にシャワーをつけました

  • 伊勢路のいえ

    2015

    物や服は玄関横の納戸に集合
    着替えもそこでするので
    名付けて「変身室」

  • 藤原屋

    2018

    畳屋さんのショールームを改装
    新しいものの中に、古材を磨いて床柱に