鳥羽のいえ

台風の多い三重の気候風土に合った
下見板張りの板倉構法の住宅

丸い柱を巡る方形の螺旋階段は
意外とのぼりやすくて好評です

あたたかみのある杉板と
漆喰の白とで仕上げた室内

木が大好きな建主さんのために、木をふんだんに使った「板倉構法」の家を作りました。柱と柱の間についた溝に板を落とし込む構法で、耐力壁であり、防火構造にもなっています。趣味の自転車整備や、物干しのスペースとして、軒下をうんと広くとりました。壁で、通りからの視線をブロックしてあるので、いろんな物を出したままの外出も気軽です。三重は台風の通り道になりやすいので、開口部は全て雨戸を立てられるようにし、雨戸を仕舞う戸袋も外壁も全て、板を横使いにして少しずつ重ねながら張る「下見板張り」としました。三重県と周辺の山のスギやヒノキの天然乾燥材を大量に使用した長期優良住宅として「地域型住宅ブランド化事業」にも採択されています。

Pocket
LINEで送る

一覧

  • 大黒田町のいえ

    2014

    絵巻物のように四季が移ろう
    庭師さんの家

  • 鳥羽のいえ

    2013

    台風の多い三重の気候風土に合った
    下見板張りの板倉構法の住宅

  • 池田ファミリークリニック

    2009

    つらい時に行くところだからこそ
    心和む木の空間を

  • 村松のいえ

    2016

    リタイア後の棲み家だからこそ
    人が集いやすく

  • 船越のいえ

    2018

    古民家の風情をそのまま残しながら
    耐震性と暮らしやすさをアップ

  • 磯部町のいえ

    2017

    夫婦二人でゆったりと暮らす
    理想の「終の住処」

  • 藤里のいえ

    2014

    この家なら何でもできる!
    DIY好きな家族の秘密基地

  • 王中島のいえ

    2009

    当社のつくる家の魅力を
    体感しに来てください

  • しゅろやさんしょやてしごとや

    2018

    珍しい、手作りのしゅろの箒、束子と山椒のお店
    伊勢の内宮と外宮をつなぐ御木本道路沿にあり
     ガレージを三重のスギで改装

  • 浜島のいえ

    2015

    庭の前の堤防の向こうは、すぐ海
    だから玄関脇にシャワーをつけました

  • 伊勢路のいえ

    2015

    物や服は玄関横の納戸に集合
    着替えもそこでするので
    名付けて「変身室」

  • 藤原屋

    2018

    畳屋さんのショールームを改装
    新しいものの中に、古材を磨いて床柱に